« クラウドタグだかタグクラウドだか。 | トップページ | iPodTouchに入れてるアプリ。 »

2010/01/20

アバターと3D映画

久しぶりに映画を見ました。折角の3D映画、やはり3Dで見ないとね。
ということで今日2回目を見てきた。

前評判から、是非見ようと決めていたアバターだけど、折角映画館で見るので、是非3Dで見ようと情報収集、かといって映画を見るのに遠出するのも面倒な気がしたので(笑)、近場の映画館で探すことにする。
ざっとググると、109シネマズMMで3D上映をしている模様。
横浜近郊では、比較的新しく出来た映画館でなので、期待をしながら映画館に。

内容にはあえてぶれないけれど、いやぁ、面白かった。

さて、映画を見て家に着いた後に色々と調べてみると(パンプレットとか買わないので^^;)3D映画の上映の方式には幾つか種類があるそう。

・realD
・XpanD
・Dolby3D
・IMAX3D

109シネマズMMの3D方式はXpanD、メガネに電池が内蔵されていて、スクリーンからの発信機を受信して、液晶シャッターを高速で切り替えて、立体的に見せるもの。ちょっとごっつい3Dメガネを借りて装着。俺は普段からメガネをかけているのだけど、その上からさらにかける、ちょっとした違和感はあるものの、そのうち慣れる。3Dメガネをかけないと、像がダブって見える。3Dメガネは上映終了後に返却。特別興行2000円也。

さて、何種類かあるなら、他の3D方式でも見てみようという気になってきた。

ワーナー・マイカル・シネマズみなとみらいでも、3D上映をしているので、こちらを見に行くことに。丁度20日が、お客様感謝ディとなり、1000円(鑑賞料金)+300円(3D上映)で見れるとのこと。映画館のwebだと「デジタル3-D」としかかかれておらず、どんな方式かは判らないが、折角なので行くことにする。
こちらの3D方式は、realDというタイプだった。円偏向という光の屈折を用いて立体的に見せるというもの。メガネは軽い使い捨てタイプだけれど、さらに300円を払うと、クリップタイプの物を用意してくれるのでこちらを選択。3Dメガネをかけずとも、ソコソコ普通に見えた気がしたんだけど。3Dメガネはお持ち帰り可。

さて、見比べてみた感じの感想だけど、どちらの映画館でも、平日の昼間と言うこともあって、真ん中辺りの良い席で見た為(ワーナー・マイカル・シネマズは特別席で見てしまった。別途500円ドリンク付き)映像の差と言うのがよく判らない。どちらも立体的にきちんと見えたし、話が進むと目が慣れるのか、あまり3Dを見ているという感じもしなくなってきたし。うーん。

しいて言うならXpanDのほうが少しだけ立体感が強かったかも知れぬ。映像は少し暗めな気がしたけれど。しかしながら、realDが悪いと言うわけではなくて、こちらの映像の方が俺的には好みだったかな。

ちなみに109では吹き替え版を、ワーナーでは字幕版を見た。字幕は中に浮いているように見える。この辺りは好みだと思うけれど、映像を堪能したいなら吹き替えの方が良いかもしれない。

神奈川では他に、横須賀のHUMAXでDolby3Dを、川崎の109シネマズでIMAX3Dが見れるそうだ。

|

« クラウドタグだかタグクラウドだか。 | トップページ | iPodTouchに入れてるアプリ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37501/47346725

この記事へのトラックバック一覧です: アバターと3D映画:

« クラウドタグだかタグクラウドだか。 | トップページ | iPodTouchに入れてるアプリ。 »