« ライカ、買いました(2台目) | トップページ | カラー自家現像 ~タンク現像編~ »

2011/07/05

白黒自家現像 ~ダークレス自家処方編~

タンク現像をブローニーのモノクロ現像のために始めて、ダークレスのアンプルがなくなったのを皮切りに、35mmもタンクで現像を行うようになった。

そして、フィルムも現像液と同じメーカー、単価の安いKodakがメインになった。

順風満帆かと思われた現像事情だが、事件は忘れた頃にやってくる。

そう!Kodakのモノクロフィルムの値上げである。2011年7月からkodakのモノクロフィルムが4割近く値上がりしたのである。長巻は4,310円から5.980円に(ヨドバシ調べ)なった。ガセだと思われていたネタだったが、現実の物となった。

デイローダーを落札したばかりなのになぁ(笑)

……まぁ、この件は、ダークレスとは関係ないんですね(笑)

さて、話を戻そう。ダークレスである。

1,480円でダークレス現像器を買い(2つな)920円でアンプルセットを買い(1セットだけな)合計9回もダークレスにチャレンジをしたのだ。スキャン出来ないくらいに失敗したのは1度きり。自分で言うのもなんだが、初戦から勝率は良かった。

そして、時代はタンク現像に移った。

しかし。ふとした呟きが、再びダークレスに日を照らすのである!(大げさ)


2011/7/2 18:46 のつぶやき。

TMAX Dev と、RAPID FIX の原液をちょっとづつ使って、ダークレスでもやってみるかなぁ。
タンクで、1:4希釈だから、時間を1/4にすればいいのかな?
TRI-Xだと6分。1/4で1分30秒か。説明書によるとネオパンSSで2~3分だから、同じくらいでも良さそう。

趣旨もつぶやく。

同日 19:05 のつぶやき。

液状で売ってるTMAXDevと、RAPIDFixを原液で使うことによって、「短時間で楽しよう」と言うところに今回のポイントがある(笑)

ちょっとまとめてみた。
・原液でやるか希釈するか、気分次第(笑)
・原液にしろ希釈するにしろ、8ml程度を計れるシリマーが必要か。
・ダークレスアンプルは、専用の配合になっていて「現像」からいきなり「定着」の工程にすっ飛ぶ。「停止」工程を組み込むか。
・「現像」→「停止」で現像器2個を使い、適宜「定着」とするのがよさそう。
・ダークレスに特化したフィルムはやはりフジのものか。
・まぁやってみるべー

シリマーをダイソーで購入。水色、ピンク、黄色の3色。一応「現像」「停止」「定着」の薬液がわかりやすいようにと言う理由から。少しは考えながら買い物をしています(笑)道具は揃った。
そして、買ったばかりのM4でテキトーに撮影してきたネオパンSSが手元にある。

準備したもの。
・ダークレス現像器2個
・温度計
・金属ボウル
・パトローネオープナー(ダークレスセットについてくるやつ)
・ラジオペンチ
・シリマー3個
・100均タイマー2個
・新聞紙
・ティッシュ(大量)
・現像液と定着液
・水、氷
・撮影済みのフィルム(フジのものが望ましい)

さて、

先ずは落ち着いて撮影済みのフィルムを加工する。フィルムピッカーでベロを出し、カットし、折り曲げをする。

薬液を準備する。今回は希釈をすることにする。TMAX Dev.とRAPID Fix.それぞれ、1;4希釈とするので、原液2ml:水8mlの10ml溶液を作る。シリマーを使ってやると便利。
この日の水温24度、氷を使って18度まで落とす。希釈して18.5度くらい?つまるところテキトー(笑)

タイマーを3分、1分にセット。予定では、現像と定着に3分、停止に1分。そんな感じで。
手元に4つ折にした新聞紙を敷いて、4つ折りにたたんだティッシュを2組、新聞紙の上に乗せて用意しておく。新聞紙の奥にはタイマーを設置。右手にダークレス現像器を用意。
2つのダークレス現像器にそれぞれ、現像液と停止液(水)を10ml入れておく。手前に現像液入り、奥に停止液入り。……まぁ、間違えても大丈夫。まだね(笑)

定着液入りシリマーは、ダークレス現像器の右手に待機。

……いざゆかん。

前浴。俺はやります。水にくぐらせるだけ。浸透の度合いが違うような気がします。あくまで気がするだけ(笑)
現像液入りのダークレス容器にドッキング。5秒まってタイマースタート。3分ぐるぐる回します。
3分経過したら、ダークレス容器から取り出して、ティッシュで現像液を吸出し、定着液(水)入りのダークレス容器にドッキング。これも5秒まって、タイマースタート。1分間ぐるぐる回します。
1分が済んだら、取り出し、停止液を吸出し、あわせてダークレス容器の停止液も捨てます。そしてシリマーからチューっとダークレス容器に定着液を入れます。
定着液入りのダークレス容器にセットし、再び3分間回します。

取り出して、パトローネオープナーで開封。そのまま水洗い(笑)

おー絵が浮かんでるわ。

今回は、普通に現像する溶液と同じなので、成功の確率がかなり高かった分けですが。ちょっと1本現像したい。ってときに良さそうです。問題は、フジフィルムのやつしか出来ないって所かなぁ。

ネオパンSS 現像3分、停止1分、定着3分

ACROSとかPRESTのデーターは未だありません。

P.S.作例などを
503

|

« ライカ、買いました(2台目) | トップページ | カラー自家現像 ~タンク現像編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37501/52129645

この記事へのトラックバック一覧です: 白黒自家現像 ~ダークレス自家処方編~:

« ライカ、買いました(2台目) | トップページ | カラー自家現像 ~タンク現像編~ »