« カメラ機材(2013年5月13現在) | トップページ | 120フィルムのケース »

2013/06/27

撮った写真をプリントしよう

いきなり否定から入るが、基本的にプリントはしない派である(笑)

フィルムカメラを使う癖に、モノクロであれば自分で現像をするのにもかかわらず「プリントはしない派」なのである、何故か。それは、プリントした写真の置場に困るからである。……ネガはどうなの?ねぇ。ねぇ?(´・ω・`)


ごほん。

さて、今回はプリントの話である。

Twitterを検索してみたら2011年の夏ごろに一度フォトブックを作っている。Flickrに投げた写真で、沢山見てもらった(評判の良かった?)写真をピックアップして、デジカメプリントを初めて使い、買ってきたアルバムに張っただけのモノであるが、作っている最中は、やはり楽しいのである。


近所なので、比較的よく通う大貫カメラさんがある。ここではハッセルを買ったり、ズミルックスを50,75,35と立て続けに買ったりとか。そして、話のついでに自分が撮った写真も見てもらったりして良くしていただいている。

いつもはiPadに入れた写真を見てもらっているのだが、たまたま「プリントはされないんですか?」と聞かれた。「大きく伸ばして4~50枚まとめると見応えありますよ」と。
その時は、お茶を濁したのだが、ちょっと気になって調べてみた。

さらっと調べるつもりが、調べ始めたらなんとなくやる気が出てきた(笑)

家電量販店のデジカメプリントの機械でプリントができるのは2Lまで。大伸ばしっていうと六つ切りとか四つ切りっていうアレだ。これはカウンターで頼んだりネットで頼んだりって形になる。ネットで検索すると、フジフィルムのデジカメプリントなんかが最初に出てきたりする。四つ切り 1枚 735円也(2013/6月現在)

さらにネットのプリントを探すと、四つ切で210円(2013/6月現在)というところがあった。写真館フォトピース(http://www.fotopeace.com/index.html)なるほど。ここは覚えておこう。


俄然やる気が出て来ちゃって我ながら単純だなぁと、思いつつどのような写真をプリントしようか?新しく撮るか、今までの写真から選ぶか。
新しく撮るというのも実は考えてみた。「テーマを決めて写真を撮る」という撮り方はあまりしていない。強いて言うならスナップ写真がメインである。しかし、このところのあいにくの天気を考えると、気に入った写真が果たしていつ撮れるか?なんて考え始めてしまった。経験上、こういうのは「ノリ」と「勢い」が大事なので「だーっ」と「がーっ」とやらないとダメなのである(笑)

ということで、あっさりと「今まで撮った写真から選ぶ」ということにした。

その次は、統一テーマを決める。……ちょっと仰々しいが、カッコいい響きである。
つらつらと写真を眺めていたけれど、ここは数を撮っている地元横浜の写真。ということで行こうと決めた。割とあっさり。決めるまで5分足らず。

そんなモンです。

写真を選ぶ前に、出来たイメージを考える。大きさはどのくらいがいいか、ページ数(枚数)など。今回は思い切って四つ切りにする。アルバムを探したが、四つ切りサイズのものってあまりないんだねぇ(^^;
ほどなくして、Amazonでナカバヤシのプリントアルバムワイド四つ切り、四つ切り対応というものがあったので、これを使うことに決める。24ページ、両面に入れて48枚収納できる。とある。
表紙をめくって、いきなり写真があるのもいかがなものか。と考えて、中表紙的に1枚ずつ余白を作るつもりで合計22ページ44枚の写真ということに決める。

さて次は写真のチョイス。一度、ババーっと勢いで決めて、日を改めて再チョイス。
前にも言ったけれど、ノリが大事。大事なので2度言います。

今度は注文するために、データーをどうするか?という問題。
四つ切りってサイズは、何故か縦横のサイズ比がちょっと違う。違うのはわかっているけれど、入稿(というとカッコいいのでこの言葉を使おうw)データーはどうなるのか。橋がカットされてしまうのか、上下あたりに余白ができるのか。

webを見ましょう。……はい。

書いてありました(´・ω・`)
データーは基本的に中央でバッサリと切られる模様。四つ切りの大きさの目安(3000x3602)と解像度の目安(300dpi)があったので、今回は準じることにした。……そうか、プリントの時は解像度は重要だな。ガシガシトリミングして、解像度変更してデーター作成。

そして、発注。返す刀でAmazonでアルバムもポチる。

午前1:30分を経過。寝ます(^^;


翌日、プリント発送したよ。アルバム発送したよ。とメールが届き、実質中1日で、プリントとアルバムが届いてしまった。日本の流通はすごいな。と改めて思う。

でかいプリントは中々迫力があって良い。モニターの調整などはしていないが、画面で見る写真と実際にプリントされてきた写真を見て大差がないので、モニターもこれで良し(笑)となった。

今回、チョイスした写真は縦横をあまり考えていなかったけれど、アルバムのでかさを考えると、縦写真や横写真が混じると、たいへん見辛いということが分かった。なるべく見開きで統一(縦か横)はするようにした。うまく数があって良かったぜ(笑)
さらに、縦写真はいいとして、横写真の場合、見開き状態で「左上:左上」というセットにしてみたが、これが正しいのかわからない。
ルールというか「常識的な事柄」なのかわからんが、まぁサクサクとプリントをアルバムに収めて、ひとりご満悦状態なのであります。

|

« カメラ機材(2013年5月13現在) | トップページ | 120フィルムのケース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カメラ機材(2013年5月13現在) | トップページ | 120フィルムのケース »