« 120フィルムのケース | トップページ | ブログをほったらかしであった。 »

2013/09/24

NEX-6とマウントアダプター

ミラーレス機を先月買った。
何時かは買うだろうとは思っていたが、割と早い時期であった。しかし、つくづく駄目な大人なのである(´・ω・`)

念のため言っておくが、中古である。しかも惰弱なので分割払いである。

新宿のマップカメラに偵察に行ったのが運の尽きというか、狙って行ったのか(笑)……おそらくは後者なのだが、まぁそんな感じで取り敢えず、本館4階に行ってみたわけだがあまり食指は動かず、地下のライカコーナーを見て帰るか。と下りたら運よく(?)パワーズームキットが6万ちょっとのお値段で出ていたのを見たわけだ。丁度、トレジャー何とかってキャンペーン中だったかな。
そして、そのあとがいけない。つい、

「これ、カードで買うと手数料いくらかかりますかね?」
「手数料は掛かりません。このお値段です(にっこり)」
「ください。……あ、分割で」

ま、そんな感じだ。
ついでにMマウントアダプターとOMアダプターも付けてもらう。OMアダプターはティルト付と無しがありますが、どちらがイイですか?と言われて、何故か安いティルト付にした。Mマウントアダプターも、OMアダプターもKIPON製。……正直これはやめておけばよかったと今は後悔している。


さて、今更NEX-6についての説明は例によって沢山インターネットに出ているので、ここでは、俺が1か月使った感想としていろいろ言う。

先ずは、「ま、こんなモノかな」という身も蓋もない感想(笑)
わりと正直に言ってみた。

吐き出す絵はいかにもデジタル風なパリッとカリッとした感じの絵ではあるが、それ以上でもそれ以下でもない。レンズの「味」っぽいものは、割と画一的に処理される傾向にあるらしい。前に大貫カメラさんのところで「ミラーレス機が欲しいんですわー」なんて話をしたら、「NEXは悪くはないけれど、出す絵はデジタルカメラらしいそれですよ」といわれていたけれど、その通りでした。
「X-E1のほうがおすすめです」とも言われたが。金銭的な余裕でNEX-6になった。

モードダイアルは分かりやすいけれど、実際、構えた状態ではモードを変えるのはやり辛いと感じる。

設定メニューの階層が分かり辛く、モード毎に設定できる内容が変わる、(正確には設定の変更が出来るものと出来ないものと切り替わる感じである)

一番の懸念であったEVFは「有ることが重要である」と妥協したのだが、屋外で使うとそう違和感はない。もしかしたら FUJIのX-E1 もそうなのかもしれない。(X-E1は中古の値下りがあまりしなくてこれは当分無理かなーって思ってる)

RAWで保存はできるけれど、jpegで十分かな、と思えるので、今更RAWで撮る意味はないと感じたので最近は全てjpegで保存のみ。

白黒モードの「ハイコントラスト白黒」と「リッチトーンモノクロ」はお気に入り。

動画はまだ何も撮っていない。今のところは必要がないため。

キーカスタマイズはあまり弄っていない。Fnキーが押しにくいというのもある。

あれだけEVF付にこだわったのに、最近はEVFを覗かず、液晶を見て撮影することが多い(笑)NEX-5でもよかったんじゃないかと思うことも暫し。


マウントは今のところ2種類で済んでいるのだが、KIPONのMマウントアダプターは補助ヘリコイドがしぶく、実は形状も気に食わない。Mマウントアダプターがあるかどうかを聞いた時点で、KIPON製になります。といった時に断われば良かったかと。そしてOMアダプターもちょっと普通にBODYを使ってから考えた方が良かった。OMアダプターのほうは症状が重く、マウントにはめ込むのにものすごい力がいるという点。レンズのゴムの部分が取れてずれてしまうくらい力を入れないとハマらないし取れない。
噂では個体によってそんなのが出てくるとか。無いとか。

工業線品としては微妙だよね。
マウントアダプターという点で、既に微妙なのだろうけれど。

そこそこのお金を払ったので、一度買ったところに見てもらおう。ということで持って行った。OMマウントは交換、Mマウントのほうは「こういうもの」としてください。だそうで。まぁ、いっか。取り敢えずこれで使おう。

でもKIPONのアレがどうも気になって仕方がないので
「Hawk's Factory製 Eマウント用 補助ヘリコイド付 Mアダプタ(ノブ付)」を別に発注した。補助ヘリコイドはスムースなのだが、撮影中に勝手に動くくらい軽いので(ロック機構がない)これはこれでまた微妙である。

うーむ。

そこそこの一大マーケットになってきてると感じたので、もう少し程度のいいのがあるかとは思っていたが。どうやら過大評価していたようだ。
ちなみにHawk'sのほうはAmazonで購入「日本で出荷するので」なんて書いてあっておきながらしっかり「香港発送であったし」まー。お国柄というかテキトーすぎんよね。

ティルトアダプターってのは初めて使ったけれど、これも軸がキチッとなる様なレバー操作なんてのは皆無だったよね。今の状態が、まっすぐなのか微妙にティルトしているのかが大変わかり辛い。

取り敢えず今日はこんなところかな。

|

« 120フィルムのケース | トップページ | ブログをほったらかしであった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37501/58254331

この記事へのトラックバック一覧です: NEX-6とマウントアダプター:

« 120フィルムのケース | トップページ | ブログをほったらかしであった。 »